厄除の鐘

心をこめてゆるやかに一人一撞きのこと