厄除祈願

厄について

厄除祈願のイメージ

古来より、日々の生活の中で本人や家族にひそかに降りかかる病気や災難を昔から「厄」と呼びます。
特に厄年に当たる年ごろには多くの体の異変や病気、不慮の事故など凶事が重なるため「大厄」などと呼ばれてきました。
しかし、現在の多様な時代においては厄年に限らず、いつどういった凶事に見舞われるかわからないというのが今の世の中ではないでしょうか。
日々の生活において大小様々な厄が降りかからないように、常日頃から立木観音様をご信奉され、家族が安全に平和に暮らしていただける様、少なくとも年に一度は家族皆で立木山へお参りされること
をおすすめいたします。

厄年の方へ

古来より男の方は二十五才、四十二才、六十一才、女の方は十九才、三十三才、三十七才を本厄、その前後を前厄、後厄といい、危難の多い年とされ、これらの年にあたられる方々は、無事息災の御祈願をうけて特にあとさき三年間月詣りをされる習わしになっています。

厄除け祈願料金

  • 普通祈願  3,000円
  • 特別祈願  5,000円
  • 特別大祈願 8,000円
祈願お申込み方法(予約は必要ありません)

800段の石段を上ったお山の上の受付へお申込み下さい > 祈願 > 御祈願された御符さまは10日程で郵送されます

厄除早見表

立木観音では、数え年は生まれた直後を1才とし、1月1日のたびに1つずつ年を取ります。

男性

西暦生まれ干支数え年
平成
平成30年いぬ1才
平成29年とり2才
平成28年さる3才中厄
2015年平成27年ひつじ4才
平成26年うま5才
平成25年6才
平成24年たつ7才
平成23年8才小厄
2010年平成22年とら9才
平成21年うし10才
平成20年11才
平成19年12才中厄
平成18年いぬ13才
2005年平成17年とり14才
平成16年さる15才
平成15年ひつじ16才
平成14年うま17才小厄
平成13年18才
2000年平成12年たつ19才
平成11年20才
平成10年とら21才中厄
平成9年うし22才
平成8年23才
1995年平成7年24才大厄 前厄
平成6年いぬ25才大厄 本厄
平成5年とり26才大厄 後厄
平成4年さる27才
平成3年ひつじ28才
1990年平成2年うま29才
平成元年30才中厄
昭和
昭和64年30才中厄
昭和63年たつ31才
昭和62年32才
昭和61年とら33才
1985年昭和60年うし34才
昭和59年35才小厄
昭和58年36才
昭和57年いぬ37才
昭和56年とり38才
1980年昭和55年さる39才中厄
昭和54年ひつじ40才
昭和53年うま41才大厄 前厄
昭和52年42才大厄 本厄
昭和51年たつ43才大厄 後厄
1975年昭和50年44才小厄
昭和49年とら45才
昭和48年うし46才
昭和47年47才
昭和46年48才中厄
1970年昭和45年いぬ49才
昭和44年とり50才
昭和43年さる51才
昭和42年ひつじ52才
昭和41年うま53才小厄
1965年昭和40年54才
昭和39年たつ55才
昭和38年56才
昭和37年とら57才中厄
昭和36年うし58才
1960年昭和35年59才
昭和34年60才大厄 前厄
昭和33年いぬ61才還暦大厄 本厄
昭和32年とり62才大厄 後厄
昭和31年さる63才
1955年昭和30年ひつじ64才
昭和29年うま65才
昭和28年66才
昭和27年たつ67才
昭和26年68才
1950年昭和25年とら69才
昭和24年うし70才古希
昭和23年71才
昭和22年72才
昭和21年いぬ73才
1945年昭和20年とり74才
昭和19年さる75才
昭和18年ひつじ76才
昭和17年うま77才喜寿
昭和16年78才
1940年昭和15年たつ79才
昭和14年80才傘寿
昭和13年とら81才
昭和12年うし82才
昭和11年83才
1935年昭和10年84才
昭和9年いぬ85才
昭和8年とり86才
昭和7年さる87才
昭和6年ひつじ88才米寿
1930年昭和5年うま89才
昭和4年90才卒寿
昭和3年たつ91才
昭和2年92才
昭和元年とら93才
大正
大正15年とら93才
1925年大正14年うし94才
大正13年95才
大正12年96才
大正11年いぬ97才
大正10年とり98才
1920年大正9年さる99才白寿
大正8年ひつじ100才上寿(百寿)
大正7年うま101才
大正6年102才
大正5年たつ103才

女性

西暦生まれ干支数え年
平成
平成30年いぬ1才
平成29年とり2才
平成28年さる3才中厄
2015年平成27年ひつじ4才
平成26年うま5才
平成25年6才
平成24年たつ7才
平成23年8才小厄
2010年平成22年とら9才
平成21年うし10才
平成20年11才
平成19年12才中厄
平成18年いぬ13才
2005年平成17年とり14才
平成16年さる15才
平成15年ひつじ16才
平成14年うま17才小厄
平成13年18才大厄 前厄
2000年平成12年たつ19才大厄 本厄
平成11年20才大厄 後厄
平成10年とら21才中厄
平成9年うし22才
平成8年23才
1995年平成7年24才
平成6年いぬ25才
平成5年とり26才小厄
平成4年さる27才
平成3年ひつじ28才
1990年平成2年うま29才
平成元年30才中厄
昭和
昭和64年30才中厄
昭和63年たつ31才
昭和62年32才大厄 前厄
昭和61年とら33才大厄 本厄
1985年昭和60年うし34才大厄 後厄
昭和59年35才小厄
昭和58年36才大厄 前厄
昭和57年いぬ37才大厄 本厄
昭和56年とり38才大厄 後厄
1980年昭和55年さる39才中厄
昭和54年ひつじ40才
昭和53年うま41才
昭和52年42才
昭和51年たつ43才
1975年昭和50年44才小厄
昭和49年とら45才
昭和48年うし46才
昭和47年47才
昭和46年48才中厄
1970年昭和45年いぬ49才
昭和44年とり50才
昭和43年さる51才
昭和42年ひつじ52才
昭和41年うま53才小厄
1965年昭和40年54才
昭和39年たつ55才
昭和38年56才
昭和37年とら57才中厄
昭和36年うし58才
1960年昭和35年59才
昭和34年60才
昭和33年いぬ61才還暦還暦
昭和32年とり62才小厄
昭和31年さる63才
1955年昭和30年ひつじ64才
昭和29年うま65才
昭和28年66才
昭和27年たつ67才
昭和26年68才
1950年昭和25年とら69才
昭和24年うし70才古希
昭和23年71才
昭和22年72才
昭和21年いぬ73才
1945年昭和20年とり74才
昭和19年さる75才
昭和18年ひつじ76才
昭和17年うま77才喜寿
昭和16年78才
1940年昭和15年たつ79才
昭和14年80才傘寿
昭和13年とら81才
昭和12年うし82才
昭和11年83才
1935年昭和10年84才
昭和9年いぬ85才
昭和8年とり86才
昭和7年さる87才
昭和6年ひつじ88才米寿
1930年昭和5年うま89才
昭和4年90才卒寿
昭和3年たつ91才
昭和2年92才
昭和元年とら93才
大正
大正15年とら93才
1925年大正14年うし94才
大正13年95才
大正12年96才
大正11年いぬ97才
大正10年とり98才
1920年大正9年さる99才白寿
大正8年ひつじ100才上寿(百寿)
大正7年うま101才
大正6年102才
大正5年たつ103才

長寿祝いの年

人生には節目があり、身体上、また社会的立場の変化により、異変を生ずることを事前に知り、それに立ち向かう心構えをするよう、古来より喜寿・米寿などと祝いの年とされてきました。今まで生かされてきた感謝の気持ちとこれからの健康並びに家内安全、また地域に心を配るきっかけになる年でもあります。

長寿名生まれ干支数え年
還暦昭和33年いぬ61才
古希昭和24年うし70才
喜寿昭和17年うま77才
傘寿昭和14年80才
米寿昭和6年ひつじ88才
卒寿昭和4年90才
白寿大正9年さる99才
上寿(百寿)大正8年ひつじ100才